【インプレ'04】熊倉重春 フォード『フィエスタ』走りの軽快さは輸入車コンパクトNo1

[フォード]

現時点でコンパクトカー界きっての傑作。とくに走りの軽快さがダントツだ。きびきび駆け回りたい行動派に最適のスニーカー。「乗る」んじゃなく「着る」感じで、どこでも安心して突っ走れる。

これに比べれば輸入コンパクトの代表VW『ポロ』などドンくさすぎ。乗り心地もパシッと締まっているし、室内も簡潔で広々感が大きい。

どうも日本ではフォードの存在感が薄いが、もっと力を入れて宣伝すべし。一部のファンにだけ知られているのではダメ。広く一般に歓迎されてこそフォードだろう。そもそも現地発売から日本導入まで数年待たせたこと自体が問題だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ