【インプレ'06】伏木悦郎 日産『ブルーバードシルフィ』 セダンニーズのカタチ

[日産]

5ナンバー枠に収まる、比較的コンパクトなボディで、最大限の居住空間とトランクスペースを確保する。セダン不況といわれて久しいが、ならばとまずは機能性をきっちりと押さえ込んだうえで、新しいデザイン的な魅力を盛り込み、さらにはハンドリングを初めとする優れた走り味も追求してしまう。

パッケージングとスタイリングとハンドリングの高次元鼎立。横置きFFレイアウトの3ボックスセダンにとってけっして低いハードルではないが、『ブルーバード・シルフィ』は新生日産らしいアプローチでその難問に挑戦している。

室内は、『ティアナ』に始まるモダンリビングのテイストでまとめられている。センターコンソールに設けられた大きなバッグが収納可能なスペースには「?」マークが付いたが、それはこのクルマに意外に多い女性ユーザーを意識してのもの。

2700mmのロングホイールベースが生む後席の圧倒的広さと、2リッターDOHC+CVTによる上質な乗り味は要注目だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


伏木悦郎| 自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ