【インプレ'06】熊倉重春 日産『スカイライン』 作り手の情熱を感じさせる

[日産]

ぱっと見た目からして若向きではなく、さりとてオジサン向きでもなく、運転好きなヤング・アット・ハートが喜びそうなアッパーミドル・スポーツセダン。先代とあまり変わらないように見えるが、よく観察するとパネルの継ぎ目の密着ぶりなど、細部への気配りが深い。

新世代VQエンジン(V6)は滑らかな回転感など上質なつくりで、そのうえ元気たっぷり。静止から軽くアクセルを踏むだけで、のけぞるほど勢いよく駆け出す。その点は3.5リッターより2.5リッターのほうが上品かもしれない。

足まわりは高度に熟成され、先代で気になった凹凸通過時の突き上げ感も激減している。コーナーでは乗りやすさと同時にドキドキさせる体育会的な味付けもあるのが嬉しい。

上級グレードにオプション装着の4輪アクティブステアは安定性の鬼。ステアリングのギア比も自動的に変化するが、それを直接的に感じさせないところに技術的な完成度も見える。ユーザーより、もしかしたら開発陣の方が熱いかも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

取材協力:太洋日産自動車販売 http://www.taiyo-nissan.co.jp/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ