【インプレ'06】下野康史 トヨタ『カローラ』 すべてはお客さまのために

[トヨタ]

日本での『カローラ』セダンのユーザー平均年齢は63歳に達していたのだそうだ。それだけ顧客忠誠度の高いクルマだけに、今度も5ナンバーサイズを死守したという。

しかし、試乗したのは1.8リッターの最上級グレードで、カーナビや15インチタイヤなどのオプション込みで、なんと267万円になる。なら、3ナンバーのもうちょっといいクルマ買えよ、なんてのは余計なお世話ですね。

いちばんのプラス印象は、エンジンが静かなこと。気になったのは、パワステが軽すぎること。さらに、この曖昧なスタイリング。プレス試乗会で会ったそこそこ上の開発スタッフに、思わず「カッコ悪いですよね」といったら、「エーッ、カッコ悪いですか!?」と大げさに驚かれた。これ、本当にカッコイイと思ってるんだろうか。

カローラに250万円以上も出すくらいなら、『プリウス』のほうがいいと思うんだけど。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ