【インプレ'06】水野誠志朗 トヨタ『ブレイド』 ダウンサイダー狙う

[トヨタ]

『オーリス』では1.5リッター/1.8リッターを搭載しているボディに、2.4リッターのエンジンを載せているのだから、そのトルク感たっぷりの加速には重厚ささえ感じるほど。何よりCVTとのマッチングがよく、アクセル操作と加速とのズレがほぼなくなった。

後輪はダブルウイッシュボーンの足まわりとなっているが、おそらく『ブレード』&オーリスの開発時にはそれがデフォルトであったはずで、オーリスより柔らかめの乗り心地ながら、後輪はしっとりと路面に追従し、ロールも少ない。リヤ席の乗り心地もいいし、遮音材が奢られていて、静粛性も1ランク上がっている。

15kgほどフロントが重くなっているが、あまりフロントヘビーな感覚はない。ただ、コンパクトハッチバックでイメージされるシャープさはなく、よくいえば大人の味、悪くいえば刺激がない。そこの部分は、ネッツ店で売られるオーリスと明確に区分されているので、『マークX』のダウンサイジング代替え車というトヨタの狙いは、ほぼ的を射ているといえそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


水野誠志朗| エディトリアルプロデューサー
1956年名古屋生まれ、名古屋在住の自動車ライター。株式会社デイズ代表。『中日スポーツ』(56万部)で15年ほど試乗記を連載するほか、自社ウェブ媒体『モーターデイズ』で試乗記を書いている。ディーラーサイトのエディトリアルプロデューサー、ポルシェ専門誌の発行人などマルチに活躍。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ