【インプレ'06】熊倉重春 ホンダ『CR-V』 ジェントルな感覚

[ホンダ]

雰囲気は少しタフっぽいが、じつは都市生活のアクセサリーになるソフトSUV。いや、クルマ界の現状からすれば「クロスオーバー」と呼ぶべきだろう。大きなタイヤ径や地上高も実際に荒野を突破するためというより、いざとなればそれも可能という記号性だ。

走る感じにも、SUVにありがちな荒っぽさ(よくいえばたくましさ)がなく、ごく普通のファミリーカーとして不満なし。舗装のよくない市街地でも、驚くほどゴツゴツ感がない。音も滑らかで静かだ。シフトレバーなどをはじめ、ドライバーまわりの操作性も平和な感じを強調している。パパが選んだクルマだが、実際に使うのはほとんどママという家庭にピッタリか。

それでも2リッター+CVTの車種など、上手く踏めば半端なスポーツセダンなど簡単に置き去りにする実力がある。うっかり勢いよくコーナーに飛び込んでしまっても、タイヤなど鳴らさずスラッと通過できてしまう。どこから見てもジェントルきわまる万能車だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ