【インプレ'06】熊倉重春 アウディ『TT』 ドライビングに没頭

[アウディ]

はっきりいって、デザインは退化した。それが最大のポイントだった初代(先代)のコンセプトを守り、そのうえで新型らしく変えようとしたところに少し無理がある。

でも、実用性は大幅に改善された。テールゲートの開口部も使いやすくなったので、大きな荷物を放り込んで遠くまでカッ飛んで行く本格GTとしての機能も向上。ただし室内は広くなく、法規上は4人乗りだが実際には2シーターだ。

それより大きな魅力は、本格スポーツカーとして通用する走り。アルミボディの後部だけ鉄製にして重量バランスを取るというのは、振り回しには向かないはずなのに、乗ってみるとまるでドライバーを軸に曲がるような駿足ぶりが嬉しい。コクピットの雰囲気も、とことんソドライビングに没頭できそう。

4気筒2リッターターボは上質のFFらしい切れ味でサクサク行ける。独特の狭角V6で武装した3.2は自慢のフルタイム4WDで徹底した安定感が武器。先進のSトロニックでシフトも秒速だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ