【インプレ'07】岡島裕二 日産『スカイライン』 走りのキャラ復活

[日産]

先代の『スカイライン』は、ちょっと中途半端な印象があったが、新型はスポーツセダンとしての方向性が明確で、走りもその期待を裏切らなかった。

とくに7500rpmまでを実用域としたハイレスポンスエンジンは爽快! 実際に7000rpm超までパワーの伸びが感じられ、タコメーターの針が踊るように跳ね上がってくれる。

トランスミッションも5速ATというハンデはあるが、エンジンが高回転まで回ってくれるので、息の長い加速が味わうことができる。なおかつシフトダウン時は派手にブリッピングしてくれるので、思わずパドルシフトを駆使したくなるほどだ。

世界初の4輪アクティブステアも、安定性を維持しながら旋回性能を高めるのに効果を発揮してくれる。50km/h前後のタイトコーナーでは少しクイックな印象を受けるが、それ以下や以上の速度域では、高い操縦性と自然なフィーリングを両立している。

乗り心地もおおむね向上しており、エンジンや走りの性能は2ランク以上よくなった気がする。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


岡島裕二|モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ