【インプレ'07】岡島裕二 VW『ゴルフGT TSI』 手軽に味わえるスポーツ感覚

[フォルクスワーゲン]

注目の的であるツインチャージャーエンジンは、1.4リットルとは思えないほどパワフルなパフォーマンスを発揮してくれた。発進時や再加速する際に、若干トルクの立ち上がりが遅れるが、それ以外の場面では、低回転域から7000rpm付近までスムーズで力強い加速を与えてくれる。

スーパーチャージャーからターボに切り替わる際のトルクの落ち込みや、違和感も皆無だ。ツインチャージャーということを知らずに乗ったら、1.8リットルのターボ車と勘違いするだろう。

トランスミッションもパドルシフト付きのDSGなので、エンジンパワーを有効に引き出すことができ、スポーティなシフトワークも楽しめる。

さらに17インチタイヤ用に強化された、足まわりのセッティングも素晴らしく、ワインディングもガンガン走れてしまう実力を持っている。“GT TSI”があれば、「日本では“GTI”は必要ない」とさえ思えてしまうほどだ。

305万円という価格も魅力的! ワタシが『ゴルフ』を買うなら、間違いなくGT TSIを選ぶ。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


岡島裕二| モータージャーナリスト
20歳代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ