【インプレ'07】岡島裕二 トヨタ『ブレイド』 ちょいワルに憧れるおじさん向き

[トヨタ]

今までの国産ハッチバック車は、カジュアルでリーズナブルな若者向きの印象が強かったが、『ブレイド』がそのイメージを払拭してくれた。

ブレイドは『オーリス』と同じボディに2.4リットルエンジンを載せているので、エンジンパワーに余裕があり、今までの国産ハッチバックにはなかった、ゆとりある走りが実現されている。アクセルを深く踏み込むことなく、前車を追い越せる力強さは、アッパーミドルセダン経験者でも納得できるものだ。

『マークII』風のフロントマスクや、アルカンターラをワンポイントに用いたインテリアなど、オジサン世代に響く専用アイテムも、プレミアムな雰囲気を盛り上げてくれている。

リヤの足まわりをベースのオーリスから大幅に変更しているので、乗り心地の質感も高まっている。ただ、急に切れ込んだり、高速域で手ごたえが薄くなるハンドリングは、もう少し落ち着いた雰囲気に仕上げたほうがよかったかもしれない。

オーリスの最上級車種との価格差も少ないので、価格的な魅力もカギになるクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ