【インプレ'07】岡島裕二 ホンダ『エリシオン プレステージ』 押し出し勝負

[ホンダ]

300psを発揮する『レジェンド』と同じエンジンは、やはりパンチ力がある。Lサイズミニバンの鈍重なボディでも軽々と速度を乗せていくことができるし、ホンダのエンジンらしく高回転までキレイに回ってくれる。

レジェンドは全車SH-4WDだったが、『エリシオン プレステージ』はFFがメインとなるので、トラクションの面で不安があったが、意外なほど素直に大パワーを受け止める。低い重心のおかげで、ハンドリングもシャープだし、乗り心地も予想以上に快適だ。

大型のセンターコンソールや2列目のキャプテンシートなど、新たに採用されたアイテムも従来の『エリシオン』より、ひとクラス上の風格を感じさせてくれる。

エクステリアもエンジンの力強さを感じさせる、押し出しの強い専用デザインが採用されているので、エリシオンとの差別化も成功している。ただしリヤビューは、個性が強すぎるので、好き嫌いがわかれそうだ。豪快な雰囲気のミニバンが欲しい人には、面白い存在のクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ