【インプレ'07】松下宏 日産『スカイライン』 勢いを感じるも

[日産]

日本向けの『スカイライン』というよりアメリカ向けのインフィニティ『G35』。ボディもエンジンもさらに大きくなった。

ただ、日本で販売することも考えて一定程度に抑制の効いたクルマ作りがなされているし、スカイラインらしい走りの伝統はしっかり受け継いでいる。実際に走らせると、クルマを運転しているという実感を強く感じることのできる一台だ。

搭載される3.5リッターエンジンはトヨタの2GR型ユニットに匹敵する実力。吹き上がりもアクセルワークに対する反応のよさも上々だ。

4輪アクティブステアもキビキビした走りのフィールを実現しており、スカイラインらしいスポーティさを表現する要素となっている。標準グレードの出来のよさが、4WAS装着車のよさにつながっている。

元気よく走らせると車内にいても車外にいても相当にうるさい。この価格帯のクルマの中でもっともうるさいクルマではないか。スポーティなクルマだって静かにして欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ