【インプレ'07】松下宏 VW『ゴルフGT TSI』エコと動力性能の絶妙バランス

[フォルクスワーゲン]

ターボとスーパーチャージャーの両方を装着するというアイデアはその昔、日産『マーチ』のスポーツモデルにもあったが、新しい時代の環境エンジンとしてこれを仕上げた点は高く評価できる。普通だったら価格的にも高くなりがちなところだが、販売価格を抑えた設定にしている点も評価していい。

走り出しから滑らかで、過給器付きのエンジンにありがちなラグや段付きもない。排気量の大きな自然吸気エンジンを走らせているような感じで、スムーズかつ力強く走り出していく。

高回転まで回したときのパワーフィールも上々で、ベースが1.4リッターエンジンとはとても思えない。気持ちのいい走りが楽しめるクルマだ。

DSGによる変速フィールもとてもよいものだが、左足ブレーキを許容しない設定は何とか変更して欲しいもの。坂道発進が容易になるなどのメリットがあると思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ