【インプレ'07】松下宏 トヨタ『ブレイド』和風の欧州風味

[トヨタ]

トヨタが上級ハッチバックという新しいジャンルに挑戦した『ブレイド』は、そもそも素性のいいクルマだ。ヨーロッパ向け『カローラ』として作られた『オーリス』がベースであり、しっかりした走りが基本にある。

オーリスは日本のユーザー向けには足まわりが硬すぎるため、乗り心地をよくしたブレイドが作られたのだが、リヤサスを変更した効果はじゅうぶんに出ていて、乗り心地に優れたクルマに仕上げられた。

2.4リッターの自然吸気エンジンとCVTとの組み合わせも上々で、滑らかで排気量の余裕のある走りを感じさせる。ただし、ハッチバックボディである点が不利に働くためか、同じエンジンを搭載する『カムリ』に比べると室内の静かさはそれほどでもない。

インテリアのクオリティは頑張ったことを感じさせると同時にもっと頑張って欲しいと感じる部分とがある。つまりは、オーリスと同じと思わせないようにしたいところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ