【インプレ'07】松下宏 マツダ『CX-7』 立派にアメリカンサイズ

[マツダ]

アメリカ向けに作ったクルマを日本でも販売することにしたもの。とはいえマツダ自身もこのサイズのクルマが日本で売れるとは思っていないとみえて、月間販売目標台数はわずか380台。当面はこれよりずっと多く売れるだろうが、発売から1年もすればその台数になるだろう。

アメリカ市場には『CX-9』というさらに大きなSUVもあるそうだが、日本ではこのサイズでもじゅうぶんに大きい。ドアミラーによる死角の大きも含めて周囲の状況を確認しにくいので、狭い場所では運転したくない。

2.3リッターの直噴ターボは滑らかで力強い吹き上がりを示し、動力性能の面での不満はない。6速ATの変速フィールも上々だ。

硬めにチューンされた足まわりは普通に走らせるにはよいが、撮影のための切り返しを重ねているうちに不快感を感じた。微妙な揺れ方が不快感につながったのだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ