【インプレ'07】木下隆之 ホンダ『シビックタイプR』じゃじゃ馬から決別

[ホンダ]

いやはや、これほどまでに速さを追求されると、おもわず腰を抜かしそうになる。ベースはごく平凡な4ドアセダンだというのに、エンジンに鞭をくれて走り出せば、ほとんどレーシングカーの世界に引き込まれてしまうのだ。

225psエンジンは、例によって8600rpmまで一気に弾ける。シャシーも切れ味抜群。弱アンダーステアのまま、ともかく先を急ぎたがるのだ。乗り心地も激しい。

もっとも、特筆すべきは、ただのじゃじゃ馬ではないことだ。リアのスタビリティが驚くほど高く、これまでのタイプRのようにテールをスライドさせてアンダーを消すような癖はない。タイヤが正確に路面をとらえているのだ。

ちなみに鈴鹿サーキットのラップタイムは、『NSXタイプR』と約3秒しか違いがないという!

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ