【インプレ'07】下野康史 『MINI』見た目よりも中身

[MINI]

モデルチェンジしたのに、見た目はこんなに変わらなくて、しかし乗ると、こんなに変わったクルマも珍しいのではないか。

乗ってよくなったのは、まず、パワーユニットだ。試乗したのは6速MTのクーパーSだが、この直噴1.6リッター4気筒DOHCターボが、目覚ましい。少々ガサツで大味だったクライスラー製の旧型4気筒と比べると、格段にスムースでスポーティ。ターボなのに、低回転からムリムリっと力が沸き、キックダウンをきかせたAT車のように素早い加速がきく。

足まわりも進歩した。基本的にはグイッグイッと揺すられるタイプの乗り心地だが、旧型よりサスペンションがよく動くようになり、路面からの“当たり”がソフトになった。乗り心地の高級感がいちだんと増したのだ。

走る性能に関して、失ったものはひとつもない。あとは、キャリーオーバーされたこの内外観が好きか嫌いかの問題だ。あまりにも“仕組まれた感じ”がして、個人的には相変わらずNGだが。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ