【インプレ'06】松下宏 アウディ『Q7』 豪奢なライフスタイルを映し出す鏡

[アウディ]

アウディがアメリカの金持ちユーザー向けに開発したクルマで、とにかく大きくて重いうえに価格も高い。大げさにいえば山のようなクルマである。

最小回転半径だって6mと相当に大きいから、狭い駐車場では何度も切り返し迫られることになる。とてもではないが、日本国内で使うのに適したクルマとはいえない。

257kWという強力なパワーを発生する4.2リッターの直噴エンジンを搭載しているので、2300kgもあるボディをグイグイ引っ張ってくれるが、このクルマを元気よく走らせようとしたら燃費も悪くなる。燃費を確認できる距離の試乗はしていないが、カタログ燃費が1リッターあたり6.7kmなのだから実用燃費は5km/リッター以下だろう。

電子制御サスペンションなどのオプションを装着すると1000万円を超える価格と合わせて、普通の人が普通に選ぶクルマではない。お金にじゅうぶんな余裕があって、お好きならどうぞ、という感じである。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★☆☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ