【インプレ'07】木下隆之 アウディ『Q7』スマートぶりが際立つ

[アウディ]

スマートなスタイリングが物語るように、走り味はじつに洗練している。

クロカン的なハードな味付けではない。リア寄りの駆動トルク配分を基本とし、トルセンのセンターデフがそのバランスを加減するのだが、泥濘地を突き進むというより、オンロードを自然に流すための設定なのだ。

搭載する4.2リッターFSIエンジンは、排気量を超えたトルク感がある。暴力的なパワーフィールではなく、低回転域から沸き上がるような力強さなのだ。

乗り心地も優しい。どことなくドタバタと激しい感覚の残るSUVに辟易しているユーザーにとっては気になる一台となるのだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ