【インプレ'07】木下隆之 VW『ゴルフGT TSI』志高い新エンジン

[フォルクスワーゲン]

ターボとスーパーチャージャーをドッキングさせた1.4リッターユニットは、まずスタートの瞬間からすでに力強い。6速DSGは、ちょっと唐突な発進をするが、フロントに収まる心臓が、たった1.4リッターしかないものだとは気づくことはないだろう。

パワーフィールも元気である。回転計の針が4000rpm付近からはターボゾーンであり、抜けるようなフィーリングが味わえる。

回転の上昇過程のどこかで、スーパーチャージャーとターボチャージャーが連係をする。となると、そのあたりにトルクの谷や山が残るはずなのだが、そんな乱れも見事に消されていた。スムースに吹け上がるのである。

少排気量ターボはこれまでもあった。だがスーパーチャージャーも追加したとなると珍しい存在になる。だがそれを速さの追求のためではなく、上質な乗り味と環境性能のために生かしたことに驚かされる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ