【インプレ'07】下野康史 ダイハツ『ミラ』 死角のないつくり

[ダイハツ]

ダイハツ軽自動車の主食。『ソニカ』や『ムーブ』があれだけいいのだから、悪かろうはずはないだろうと思ったら、やっぱりよかった。

いかにも大スポンサー(トヨタ)がついてますという感じで、品ぞろえは豊富だが、3気筒エンジンにCVTを組み合わせた“Xリミテッド”がイチオシだ。

エンジンも足まわりも、タウンカーとしてはもはやいうことなし。ヴィッツ・クラスから降りてきても、クオリティに関してそれほど差別感はない。ホイールベースなどは『ヴィッツ』より長いのだから、リアシートの居住性もすっかり“脱・軽”だ。

内装にファンシー趣味が見られないのもいい。ソニカじゃ低すぎるし、ムーブじゃ高すぎるという人には、ジャストサイズのボディである。ライバルのスズキ『アルト』と比べると、ちょっと格違いのアドバンテージを得た。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ