【インプレ'07】木下隆之 プジョー『207』味のある旋回フィーリング

[プジョー]

プレミアム仕様のシエロとて、じつに活発に走る。動力性能はたいしたことはないが、足まわりはかなり引き締められているから、まるでスポーツグレードであるかのようにキビキビと走る。

乗り心地はいいわけじゃない。リアの突き上げも意識させられる。だがそのセッティングがコーナーになるといい味を残す。テールを適度にスライドさせながら、小気味よく旋回していくのである。

だがスポーツ仕様のGTになると、フィーリングは逆転する。150psエンジンはたしかに力強さを増すのだが、しっとりとしたテイストでまとめ上げられていることが意外だった。いかにもプジョーらしく元気に走るけれど、どこかから重量感にも似た落ち着きが感じられるのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。『ジェイズな奴ら』を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ