【インプレ'07】河村康彦 日産『スカイライン』 隠れた実力の2.5リッター車

[日産]

もともとは日本専用モデルでありながら、今や『スカイライン』も“G35”と名前を変えて売られる北米地区がその主戦場。長らくこだわってきた「5ナンバーサイズの2リッターモデル」というスカイラインならではの“規格”も今や遠い昔のハナシ。こうして、日本のための日本のクルマがどんどんなくなっていってしまうのは残念……。

それでも、スカイラインというブランドの意地を見せ付けるかのように、走りの実力は上質でハイレベル。走り出してみれば実際のサイズよりも小さく感じられるというのはよくできたスポーティモデルならではの印象だ。

よりパワフルなのは当然3.5リッターモデルでありつつも、「エンジンの実力をフルに発揮できる快感」をより色濃く感じさせてくれるのは2.5リッター・モデルのほう。

ただし、今どきATが5速というのは商品力的にも「あり得ない」もの。オプション設定のアクティブ4WSは、まだ多少の違和感が認められるのが残念。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ