【インプレ'07】河村康彦 ホンダ『シビックタイプR』 玄人好みの3BOXスポーツ

[ホンダ]

4ドアセダン化なった『シビックR』は、まずは見た目のエモーショナル度に少々欠けるのが個人的には残念。この点ではほぼ同時にデビューという“欧州版R”の、かなりクセは強いものの独創性に富んだルックスがちょっとうらやましいもの。

吸排気系の再チューンをメインにリファインされた心臓が生み出すいかにもレーシーなサウンドとともにグングンと力強く加速を続ける感覚は、従来型同様にゴキゲンそのもの。

6速MTは軽く、確実に決まるものの、レバー位置がやや前寄りに遠いのは残念。

サーキット路面では、ハンドリングの感覚も接地感の色濃さも文句ナシだったが、荒れたピットレーンでの走行印象から察するに一般路での乗り味はかなりハードでありそう。

いっぽう、この期に及びこうした高性能モデルにESCの用意がないのは恥ずかしい限り。と同時に、やはりこうしたモデルあるからこそ、排ガスも最高性能の“4つ星”が欲しかった……。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ