【インプレ'07】河村康彦 マツダ『CX-7』 特筆モノの低速トルク

[マツダ]

「そもそも開発当初は北米でしか売るつもりはなかった」というこのモデルは、全幅が1.9m近くとやはりサイズが“アメリカン”。そんな物理的要件に加え、サイドシルが高めで、かつ幅広ということもあり、とくにタイトなスペースでの乗降性には少々難あり。

FWD仕様でも1.6トン、4WD仕様では1.7トンを大きくオーバーする重量に、2.3リッターの4気筒エンジンではちょっと心許ないはず、という事前の予想は、実際に走り出せば“よい方向”に外れていることを実感。

直噴システムの採用で過給器つきながら高圧縮を実現させたお陰、とくに低回転域でのトルク感が極めて良好。BMWやミニも含め最新のターボ車を味わってしまうと、「もう直噴なしターボには戻れない」というのを強く実感。

惜しいのは少々しなやかさに欠けるフットワークのテイスト。流麗なスタイリングにふさわしい洗練された乗り味が欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ