【インプレ'07】河村康彦 VW『ゴルフGT』 過過給なのに自然なパワー感

[フォルクスワーゲン]

1.4リッターという小排気量ユニットを直噴化して積むことで、まずは基本的な燃費性能を改善。それで不足するパワーはターボチャージャーで補うことをメインに考え、そのシステムを効率よく作動させるための排気エネルギーが不足する低回転域では、さらにメカニカルチャージャーをサポート役として用いる??と、そんな面倒な行程を経ていることを忘れさせるほどに、そのパワーフィールが自然である点にまず脱帽!

心配されたメカチャージャー音も、「意地悪くチェックをすれば、遠くで口笛を吹く音が聞こえる」という程度で、静粛性面でも不満はナシ。

いっぽう、『GT』を名乗るにしては、「余りに普通」な外観と、6000rpm付近から早くも始まるエンジン回転伸びの頭打ち感がやや不満。相変わらず微低速でのギクシャク感が抜け切らないDSGのフィーリングは、ダラダラと続く渋滞路ではトルコン式ATにかなわず。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ