【インプレ'07】河村康彦 トヨタ『ブレイド』 ニーズを模索する志はわかるが…

[トヨタ]

一部ボディ外板に専用造形を採用。並みの2BOXカーとは格違いであることを示すべく2.4リッターという“大排気量”エンジンを搭載。こうして、ヨーロッパ市場でのポピュラーカーを狙った『オーリス』をベースにしながらも「全長は短くてもプレミアム」という日本市場での新しい価値観を模索するのがこのモデル。

実際、走り出せ動力性能にはかなりのゆとりが感じられるし、リアにオーリスよりも“高級”なウィッシュボーン式をおごったシャシーが生み出すフットワークのポテンシャルも侮れない高さ。フラット感がなかなか高いことに加え、CVTが可能な限り低いエンジン回転数を選択しようと頑張り、静粛性も高いので、クルージングシーンもなかなか快適だ。

が、インテリアの樹脂パーツに一部安っぽさがあったり、カップホルダーの動作感が何ともチープだったりと、“出典”をごまかし切れない点もあり。よくも悪くも絶対に日本でしか通用しない商品性の持ち主。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ