保険料を安くするには - 保険金額はいくらで設定すれば安心?

保険金額はいくらで設定すれば安心?

いまや対人保険は無制限が常識

対人:交通事故高額賠償判決例
認定総損害額
(万円)
事故
様態
判決日 裁判所 被害者
性別年齢 職業
2億9736 後遺 H7.3.30 東京 ♂40 会社
役員
2億9686 後遺 H12.11.28 東京 ♂20 専門
学校生
2億6562 後遺 H10.11.30 大阪 ♂19 大学
浪人
2億6548 後遺 H10.3.19 東京 ♂20 大学生
2億5721 後遺 H11.4.27 福岡 ♂22 自衛官
2億5050 後遺 H8.10.22 東京 ♂20 専門
学校生
2億4359 後遺 H12.7.24 大阪 ♂16 高校生
2億3699 後遺 H6.9.29 大阪 ♂17 電気工
2億3686 後遺 H11.2.25 広島 ♂24 会社員
2億3637 後遺 H13.9.14 横浜 ♀30 大学
講師

交通事故で人を死亡させたり、重度の後遺障害を負わせてしまうと、1億円、2億円という高額の賠償金を請求されることも珍しくありません。もちろん、人の命や健康な身体はお金では元に戻りませんが、十分な償いができなければ、被害者側にそれ以上に苦痛を与えてしまうことになります。ですから対人保険をかけるときは、「無制限」が絶対におすすめです。
実際に、任意の対人賠償保険を「無制限」でかけているクルマは、全体の95%と圧倒的に高くなっています。対人無制限での加入は、今やドライバーの常識と言えるでしょう。
また、対物賠償保険も、平成10年から「無制限」という保険金額の設定ができるようになりました。予算にゆとりのある人は無制限に越したことはありませんが、保険料を少しでも節約したい人は、実際のところいくらにしておけばよいのか、迷っている人も多いようです。
参考までに、対物の保険金額別契約台数(平成12年、自算会調べ)をみると、最も多いのが500万円~1000万円の36.0%、次いで無制限が27.8%、500万円以下は23.5%となっています。平成10年の無制限での加入は13.7%だったので、この3年で加入率は約2倍に増えたことになります。
もちろん、億単位の対物事故も「まったくない」とは言えない以上、対物保険も無制限にまさる安心はありませんが、乗用車の事故で1000万円を越す損害が発生することは、極めてまれなことも事実です。

対物:加害者が乗用車の高額損害判決例
認容額
(万円)
判決日 裁判所 事故状況・損害品
1億3451 H8.7.17 東京 店舗飛び込み(パチンコ店)
1652 H6.5.24 横浜 店舗飛び込み(美容室)
1468 H6.11.17 大阪 追突(営業トラック)
1363 H9.3.19 東京 倒れた照明灯避け横転(大型冷凍車全損)
1200 H9.6.27 名古屋 出合頭(ベンツ)
1069 H8.1.26 仙台 高速道で並進車に衝突(大型トラック全損、休車損)
1034 H7.6.9 大阪 スピン車を避けガードレール衝突(大型トラック全損、休車損)
1031 H9.9.26 名古屋 衝突され海中転落(車両保険:ポルシェ)
982 H5.10.27 京都 対向車に正面衝突(ベンツ修理費、評価損)
935 H8.11.29 大阪 段ボールに衝突(漆器、輪島塗)
 

表を見てください。これは、乗用車が事故を起こすとどのくらいの対物被害が発生するか、過去の高額賠償事例をピックアップしたものです。そのなかで損害額が1億円を超えたのは1件だけ。しかも、この事故は乗用車と衝突したトラックがはずみで店鋪に飛び込んでしまったケースで、2位以下は1000万円台となっています。
つまり、賠償金額が億単位になるような対物事故は、乗用車の場合、ほとんど発生していないことがわかります。自動車保険のパンフレットなどに出てくる何億円という対物賠償事故は、実はその大半が大型車によるものなのです。
また、対物の保険金額を決めるときは、自分がクルマを運転する道路の環境も考慮すべきです。信号も対向車もほとんどないような一本道を走ることが多い人と、商店街や踏切のある交通量の多い道を走る人では、対物事故に遭遇する確率も、事故を起こしたときの賠償額もかなり違ってくるのではないでしょうか。そのあたりをよく検討してみてください。

▲ページ先頭
保険料を安くするためのポイント
一家に2台以上保有の方は必見!
年齢条件は高いほうが安くなる
保険金額はいくらで設定すれば安心?
車両保険は条件次第でこんなに違う
家族限定特約や複数所有割引の対象では?
安全装備車は割引の特典もいっぱい
走行距離やゴールド免許で割引きする会社も
保険会社や車を変えると無事故等級はどうなる?
とにかく数社から見積もりを取ってみる
とにかく無事故を続けること