保険料を安くするには - 車両保険は条件次第でこんなに違う

車両保険は条件次第でこんなに違う

免責金額を上げれば保険料は下がる

自動車保険料の中に占める車両保険料の割合は、意外に高いものです。どうしても予算的に無理のある人は、思い切って車両保険を切り捨てるしかありません。『自動車保険の上手なかけ方・選び方』でも説明しましたが、自動車保険の第一目的は、他人の生命やモノに対する損害賠償です。そちらを充実させているのなら、車両保険はあとまわしでもしかたないでしょう。それでもなんとか車両保険をかけておきたいという人のために、ここでは車両保険料の下げ方を紹介しておきましょう。
その方法には、大きく分けて2つあります。まず一つめは、免責額を大きくすること、もうひとつは、保険でカバーできる範囲を狭くすることです。
免責金額とは、言い換えれば保険会社が「その分は払いませんよ」、つまり契約者が自己負担しなければならないということです。たとえば、修理代が50万円かかって、免責が10万円だったとします。その場合、10万円は自己負担となり、残りの40万円が保険から支払われます。ですから当然、免責金額を大きくするほど、保険料も安くなります。
しかし、クルマとの事故で相手にも過失がある場合、相手から回収できる保険金は免責金額に充当されるので、100対0でない限り、免責分を全額負担しなければならないというケースはほとんどないようです。ちょっとややこしいですが、免責をゼロにして保険料が高くなるようなら、免責金額を10万円や15万円と高めに設定するというのもひとつのアイデアでしょう。

車両保険のカバー範囲を知っておこう

次に、保険でカバーできる範囲を狭くするという方法です。「自動車保険の基礎知識」でも説明しましたが、車両保険には主に次のような種類があります。

  • 1.一般車両保険
  • 2.エコノミー+A特約車両保険
  • 3.エコノミー車両保険

それぞれにカバーできる範囲が異なり、保険料も大きく変わってきます。(ちなみに、「エコノミー」とは、日本語で「節約」の意味、ですから、一般車両よりエコノミーのほうが安い、とおぼえておけばよいでしょう)。

車両保険の種類によって補償範囲がこんなに違う
  自損事故 当て逃げ 火災・爆発 落書き 盗難 台風・洪水
・高潮
他車との衝突
・追突・接触
1.一般車両保険
2.エコノミー+A特約車両保険 × ×
3.エコノミー車両保険 × × × × × ×

駐車場での当て逃げや、自分でガードレールに突っ込むなどの単独事故でも、車両保険が使えるようにしたいのなら、「一般車両」で契約します。保険料は高くなりますが、これで契約しておけば、とりあえずすべての車両損害に備えることが可能です(地震などはのぞきます)。
一方、一般車両のワンランク下、「エコノミー+A特約車両保険」は、自損事故、当て逃げは対象外で、その他の損害はカバーしてくれます。それぞれの条件で見積もりを取って、保険料にどのくらい差が出るか、比較してみてください。その場合、免責額も何パターンか変えてみると、選びやすいのではないでしょうか。
もちろん、クルマのキズが気になる新車時には「一般車両」で、翌年からは「エコノミー」に変えることも可能です。それぞれの条件をチェックした上で、検討してみてください。

▲ページ先頭
保険料を安くするためのポイント
一家に2台以上保有の方は必見!
年齢条件は高いほうが安くなる
保険金額はいくらで設定すれば安心?
車両保険は条件次第でこんなに違う
家族限定特約や複数所有割引の対象では?
安全装備車は割引の特典もいっぱい
走行距離やゴールド免許で割引きする会社も
保険会社や車を変えると無事故等級はどうなる?
とにかく数社から見積もりを取ってみる
とにかく無事故を続けること