保険料を安くするには - 安全装備車は割引の特典もいっぱい

安全装備車は割引の特典もいっぱい

シートベルト、エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ……、ここ数年、クルマの安全装備がどんどん充実されてきました。クルマの安全性が高まれば、事故率も減少し、ドライバーや搭乗者の死傷率も低くなるはずです。そこで、任意保険の世界では、そうした安全装備に対する割引制度を導入し、「安全な車の保険料を安くする」というのが一般的になっています。次のような装備は保険料割引の対象となります。車検証には記載されていませんので、見積りや契約時にはあらかじめパンフレットなどで自分のクルマにどのような安全装備がついているかをしっかりチェックしておきましょう。

<エアバッグ装着車割引>
エアバッグが付いていれば、衝突時に搭乗者が受傷する危険度が少なくなるので、保険料もそのぶん安くなります。ただし割引されるのは、搭乗者傷害保険料(もしくは人身傷害保険料)の10%なので、差額はさほど大きくなりません。保険会社のなかには運転席と助手席の両方にエアバッグの付いているクルマに、「デュアルエアバッグ割引」を適用するところもあります。

<衝突安全ボディ>
トヨタのGOA、ホンダのG-CON、日産のゾーンボディなど、自動車メーカーはそれぞれ独自のネーミングで衝突安全ボディを開発していますが、これらもエアバッグ割引と同じく搭乗者傷害保険料(もしくは人身傷害保険料)が10%安くなります。ただし、安全ボディには明確な基準がなく、保険会社によっても違いがあるようです。特に安全ボディをうたっていない車種でも、割引を受けることができるかもしれませんので、保険会社にその都度確認してみてください。

<ABS装着車割引>
ABSとは「アンチロック・ブレーキ・システム」の略で、電子制御により急ブレーキ時のタイヤロックやスピンを防いでくれる仕組みです。ABSがあればパニック時の危険回避能力が格段と高まるため、基本保険料(対人、対物、搭乗者)が5%安くなります。

<横滑り防止装置>
これは一般的に「トラクション・コントロール・システム」と呼ばれるもので、ハイパワーモデルに装着されています。こちらもABS装着者割引と同じく基本保険料(対人、対物、搭乗者)が5%割引になります。

<イモビライザー(盗難防止装置)>
イモビライザーとは電子式ロック装置のこと。ちなみに、「イモビライズ」とは日本語で「動けないようにする」という意味ですが、その名のとおり、エンジンキーに埋め込まれたIDコードと、車両本体内にあらかじめ登録されているIDコードが一致しないとエンジンが始動しない仕組みになっています。これを装備しているクルマは、盗難防止効果がとても高いといわれていることから、最近はイモビライザー割引を導入する保険会社も出てきています。

▲ページ先頭
保険料を安くするためのポイント
一家に2台以上保有の方は必見!
年齢条件は高いほうが安くなる
保険金額はいくらで設定すれば安心?
車両保険は条件次第でこんなに違う
家族限定特約や複数所有割引の対象では?
安全装備車は割引の特典もいっぱい
走行距離やゴールド免許で割引きする会社も
保険会社や車を変えると無事故等級はどうなる?
とにかく数社から見積もりを取ってみる
とにかく無事故を続けること