高額査定GET!のための決めゼリフ

手放す時期よりも、さらに知られていない方法が、売る人、つまりあなたの重要性。車を売却する際は、あなたは紛れもなくセールスマンなのだ。とはいえ、愛車のセールスに慣れている人などあまりいないのも事実。以下でポイントを学んでおこう。

査定時のセールストーク

意外と知られていないのが、売り手によるセールストークの重要性。まず考えてほしいのは、あなたは愛車のセールスマンであるということだ。セールスマンである以上、愛車のいいところをどんどんアピールするのは当たり前。だからこそ、下記のようなポイントが大切になる。

今からでも高査定を勝ち取る方法

大切に乗ってきたことをアピール

整備はずっと正規ディーラーに任せてきたとか、オイル交換は5000kmごとにマメに交換した、洗車はいつも手洗い・・・など思いつくだけ「愛車を大切にしてきた」ポイントを査定士に訴えること。
また高速道路を中心に走ったのであれば、それもセールストークになる。一般的にストップ&ゴーの多い市街地を中心に走った車より、高速道路をメインに乗られた車のほうが、同じ走行距離でも程度が良いといわれているからだ。

丁寧に洗車をしてからもっていく

上記のセールストークを説得力あるものにするためには、丁寧に洗車してからお店へもっていくべきだ。いくら「愛車を大切にしています」と言っても、外は泥で汚れ、中はジュースのシミがある、なんて車が大切にされてきたとは思えない。
また泥で汚れたりしていると査定士にとってはキズや凹みが見にくいだけでなく、見えにくいからこそ「ほかにもないか?」とオーナーでさえ気づかなかったキズや凹みを調べられてしまうことも。さらに、それらが見つかると「さらにないか?」となってしまい、これでは高査定からどんどん遠ざかってしまうことになる。

ウソはつかない

特に多いのが、修復歴があるのに「ない」と言うこと。プロが見れば修復歴などすぐわかる。もしそこでウソをつくと、上記(9)の泥の汚れで見えなかったキズや凹みのように、「もっとウソをつかれていないか?」となり、結果的に高査定が望めなくなってしまう。
これは逆の立場で考えてみれば、わかることだ。あなたはウソをつくようなセールスマンからモノを買いたいか? だから修復歴があるなら、一番初めに伝えたほうが、査定士の心証はいい。

他のお店での査定額を伝える

セールスマンである以上、「他店では●●万円だった」と査定額を伝えていい。一番高いところに売却するのは当たり前だからだ。もし他店にもって行かれたくなければ、「だったら…」と査定額が上がることがある。
ただし注意したいのは、ここでもウソ。「いくらなんでもその金額はあり得ない」のは、査定士にはすぐわかるし失笑を買うだけ。「では、そちらでどうぞ」と言われるのがオチだ。

あなたの愛車はいくら?今すぐ無料一括査定依頼!

お住まいの郵便番号を入力してください。郵便番号を調べる

〒  - 

(半角数字)

査定額アップの秘訣も!車買取完全ガイド

ページトップへ