【ジュネーブモーターショー15】シュコダ4車種に「エディション」…創業120周年記念車

新車 レスポンス

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、主力4車種の「エディション」を初公開した。

同車は2015年12月、シュコダが創業120周年を迎えるのを記念した特別モデル。また、シュコダの本社工場から、最初の自動車がラインオフして、110周年となるのを記念したモデルでもある。

エディションは、『ファビア』、『ラピッド』、『オクタビア』、『イエティ』の4車種に設定。

外観は、ツートンのアルミホイール、ボディ同色ドアミラーカバー、フォグランプ、プライバシーガラスを特別装備。

室内では、3本スポークステアリングホイール、シフトレバー、ハンドブレーキレバーをレザー製に。アルミトリム、専用シートカバー、新デザインのメータークラスターが採用されている。

  • 森脇稔
  • シュコダのエディション
  • シュコダのエディション(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダのエディション(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダのエディション(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダのエディション(ジュネーブモーターショー15)
  • シュコダのエディション(ジュネーブモーターショー15)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ