【ニューヨークモーターショー15】レンジローバー スポーツ に2016年型…ディーゼルと装備が充実

新車 レスポンス

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは3月24日、米国で4月に開催されるニューヨークモーターショー15において、『レンジローバー スポーツ』の2016年モデルを初公開すると発表した。

ニューヨークモーターショー15では、新たな高性能グレードとして、『レンジローバー スポーツHST』が初公開される。これに合わせて、ランドローバーは、レンジローバー スポーツ全車に小改良を施す。

2016年モデルでは、「SDV8」ディーゼルエンジン搭載車に、アイドリングストップを採用。「SDV6ハイブリッド」の環境技術も応用し、CO2排出量を169g/kmから164g/kmに引き下げた。

また、米国市場には、新ディーゼル車を導入。3.0リットルV型6気筒「Td6」ターボディーゼルは、最大出力254hp、最大トルク60.8kgmを発生。米国での燃費は、複合モードで10.2km/リットルを実現する。

さらに2016年モデルには、車両後部の下に足を入れるだけで、テールゲートが開けられる「ジェスチャー・テールゲート」を装備。乗降性を引き上げる「オートマチック・アクセス・ハイト」も採用されている。

  • 森脇稔
  • レンジローバースポーツ(2015年)
  • レンジローバースポーツ(2015年)
  • レンジローバースポーツ(2015年)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ