【スーパーフォーミュラ 第1戦】ロッテラーが好スタートから圧勝…可夢偉は初戦9位[写真1]

  • ロッテラーは2011年以来の王座に向け好発進。写真:TOYOTA(予選日)
  • 今季初戦を制したのはロッテラー。撮影:遠藤俊幸
  • 左から2位の中嶋一貴、1-2の舘監督(トムス)、優勝ロッテラー、3位カーティヤン。撮影:遠藤俊幸
  • 優勝したロッテラー(奥は2位の中嶋一貴)。撮影:遠藤俊幸
  • トムスが1-2フィニッシュを達成。撮影:遠藤俊幸
  • #8 小林可夢偉は決勝9位に。撮影:遠藤俊幸
  • #16 山本尚貴は最終周にトラブルで3位を失う悲運だった。撮影:遠藤俊幸
  • 決勝3位、#41 カーティケヤン。撮影:遠藤俊幸
  • 決勝4位となる#19 オリベイラのマシン。撮影:遠藤俊幸
  • 決勝5位、#38 石浦宏明。撮影:遠藤俊幸
  • 決勝6位、#64 中嶋大祐。撮影:遠藤俊幸
  • #2 ロッテラーは3番グリッドから好スタートを見せる。撮影:遠藤俊幸
  • 表彰台の下には多くのファンが集まった(日曜観衆、28000人)。撮影:遠藤俊幸

全日本選手権スーパーフォーミュラ(SF)開幕戦は19日、鈴鹿サーキットで43周(250km)の決勝レースを実施した。予選3位からスタートでトップに立ったアンドレ・ロッテラーがそのまま実質的な首位を譲らずに圧勝、初陣の小林可夢偉は9位だった。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ