ポルシェ 911 に「GT3 R」新型…500hpオーバーのGT3レーサー

新車 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは5月15日、新型『911 GT3 R』を発表した。

同車は『911』シリーズの自然吸気エンジン搭載車の頂点に位置する市販モデル、『911 GT3 RS』をベースに開発されたレーシングカー。世界各地の「GT3」カテゴリーのレースに参戦する顧客のために開発された。

新型911 GT3 Rでは、徹底した軽量化に取り組む。全ての窓ガラスは、ポリカーボネート製に変更。ポルシェとしては初めて、フロントのウインドスクリーンもポリカーボネート製とした。

さらに、ルーフ、フロントカバー、フェアリング、ホイールアーチ、ドア、サイド&テール部分、リアカバーをCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)に変更する。

エアロダイナミクス性能も徹底的に追求。目を引くのは、巨大なリアウィング。幅は2mにも達し、高速走行時に効果を発揮する。また、ホイールアーチのエアベントが、フロントアクスルのダウンフォースを高める。ブレーキも大幅に強化。

エンジンは、市販車の911 GT3 RS譲りの4.0リットル水平対向6気筒ガソリン自然吸気ユニット。最大出力は500hp以上へ引き上げられた。トランスミッションは6速シーケンシャルとしている。

  • 森脇稔
  • ポルシェ 911 GT3 R 新型
  • ポルシェ 911 GT3 R 新型
  • ポルシェ 911 GT3 R 新型
  • ポルシェ 911 GT3 R 新型
  • ポルシェ 911 GT3 R 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ