NTN、小型軽量化した後輪独立転舵システムを開発

業界 レスポンス

NTNは、高い応答性能と小型軽量化を実現した「後輪独立転舵システム」を開発したと発表した。

自動車の後輪転舵は、高速走行時における車両安定や、中・低速走行時のコーナリング性能を向上させる機構で、後輪転舵の駆動には、電動アクチュエータが使用されている。1つのアクチュエータで転舵する「左右一体型」は、左右トー角独立制御の機能がなく、左右それぞれにアクチュエータを配置して転舵を行う「左右独立型」は、ばね下重量の増加による走行性能の低下が課題だった。

同社は、操舵システムの電子制御を可能にするステアバイワイヤ操舵システムの技術を応用して「後輪独立転舵システム」を開発した。左右一体型ながら、左右トー角独立制御が可能で、アクチュエータを車両側に設置することで、ばね下重量が増加しない。

従来品は6度/秒だったタイヤの最大転舵速度を今回、構造を見直し、10度/秒に向上、高速走行時や緊急回避を必要とする場面、車両挙動の応答性能を改善した。

また、タイヤの最大転舵角をプラス・マイナス2.5度と広い転舵領域を実現し、最小回転半径が小さくなり、駐車時などの運転負荷軽減や将来の自動運転技術にも寄与する。

さらに、従来品と同等の剛性を維持しながら体積を約60%削減することで、質量も約30%軽量化し、車両への搭載性を向上させた。加えて、開発品は、左右一体の駆動方式で車両側に設置するため、ばね下重量の増加がなく、乗り心地に影響しない。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ