メルセデスの主力商用車 スプリンター、ロシア累計生産1万台

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは6月2日、ロシアにおける商用車『スプリンター・クラシック』の累計生産台数が1万台に到達した、と発表した。

スプリンター・クラシックは、ロシアでは2013年9月、現地生産が開始された。今回、このスプリンター・クラシックが、ロシア累計生産1万台を達成。生産開始から、およそ1年9か月で達成した記録となる。

スプリンター・クラシックは2014年、ロシアで6600台を販売。メルセデスベンツ商用車のロシア主力車種となった。

メルセデスベンツ商用車のロシア事業を統括するSoeren Haese氏は、「スプリンター・クラシックは、ロシア市場向けに専用の仕立て。大型バンのカテゴリーで、新基準を打ち立てた」と語っている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ スプリンター
  • メルセデスベンツ スプリンター(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ