【池原照雄の単眼複眼】マツダ、18年度までにSKYACTIVの第2世代エンジン投入へ[写真2]

  • マツダ・デミオ SKYACTIV-G 1.3《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ 小飼雅道社長《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ常務執行役員・人見光夫氏
  • 「答えは必ずある」著:人見光夫(発行:ダイヤモンド社 価格:定価1500円+税)

マツダは独自の技術群であるSKYACTIVの第2世代(Generation 2)商品の投入を2018年度までに開始する計画だ。SKYACTIV(以下SKYと表記)は2011年に、先代『デミオ』の1.3リットルガソリンエンジンから商品化が始まり、その後の同社の業績回復と拡大に大きく寄与している。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ