【オートサービスショー2015】アルマイト加工、ドライカーボンも自分でできる!…カーベック[写真2]

  • DIYアルマイトkitで加工したブレーキキャリパー。大物を加工するにはたくさんの材料や漬け込む槽を用意する必要があるが、この程度ならキットの内容で十分だとか
  • ガンコートでペイントしたバイク用のラジエター。焼き付け塗装の中でも強固であり、放熱性も高めるのでラジエターの強化には最適な被膜だ
  • 下はシリンダーブロックまで入れられる業務用の焼き付け乾燥器。これは20万円以上するそうだが、上の小型焼き付け乾燥器なら18,500円と手ごろ。バイクのクランクケースカバーなどの焼き付け塗装やドライカーボン製品の製作を楽しめる

アルミ合金の塊から自分でパーツを削り出し、自分のクルマやバイクに装着する。それはDIY派の憧れるテーマの一つではないだろうか。オートサービスショー2015の会場で、そんなDIY派にオススメのアイテムを見つけた。それはカーベックのDIYアルマイトkitである。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ