トヨタ、従業員による北米大陸走破プロジェクトを開始…半年間で2万6000km

業界 レスポンス

トヨタ自動車は6月24日(現地時間)、トヨタ従業員が北米の道を走破するプロジェクトを開始した。

プロジェクトでは、北米事業体の車両開発メンバーを含む140名のトヨタ従業員が、6月24日から9月9日までの約半年間、北米大陸の厳しい道、約2万6000kmを走行する。

トヨタは持続的成長に向けた「もっといいクルマづくり」とそれを支える「人づくり」の一環として、昨年秋に「豪州走破プロジェクト」を実施。参加した従業員41名は、砂漠や悪路が続く過酷な道のり約2万kmを自らがステアリングを握り、テストコースでは得ることのできない“クルマづくりに生きるヒントの数々"を現地の道から学んだという。

トヨタは2007年より「GAZOO Racing」として「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦。メカニック・エンジニア全員をトヨタ従業員で構成し、レースへの挑戦を通して「人づくり」を行ってきた。今回の走破プロジェクトも、モータースポーツ活動の思想を根幹とした「TOYOTA GAZOO Racing」の一環として推進。グローバルトヨタ34万人が心ひとつに、「もっといいクルマづくり」を推し進め、東京五輪開催の2020年を一つのマイルストーンとし、その活動名称を「五大陸走破プロジェクト」と改め、様々な大陸の道を舞台に今後も活動を継続していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2014年の豪州走破プロジェクトの模様
  • 2014年の豪州走破プロジェクトの模様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ