ホンダ シビック タイプ R 新型、日本導入は今秋

新車 レスポンス

ホンダが3月、欧州で発表した新型『シビックタイプR』。同車に関して、日本市場への導入が決定した。

これは7月6日、ホンダの八郷隆弘社長が、就任後初の記者会見の席で明らかにしたもの。「英国製の新型シビックタイプRを、日本の顧客に向けて導入する」と発表している。

現時点では、日本での価格を含めて、日本市場への詳細な導入計画は公表されていない。ホンダによると、今秋、日本国内のホンダ販売店に、英国からの第一便が到着する予定という。

なお、新型シビックタイプRは7月2日、ホンダの英国スウィンドン工場において、生産が開始されたばかり。新型には、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC」ターボを搭載。最大出力310ps/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500rpmを発生する。トランスミッションは、6速MT。0‐100km/h加速5.7秒、最高速270km/hの性能を誇る。

新型シビックタイプRの日本導入決定を受けて、ホンダモーターヨーロッパのフィリップ・ロス上級副社長は、「欧州仕様のシビックタイプRが、ホンダの母国、日本の顧客へ販売されることに喜びを感じている。顧客はこの車に、まさに興奮することになるだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ホンダ 八郷隆弘社長就任会見《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ 八郷隆弘社長就任会見《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ