【トヨタ シエンタ 新型発表】低床&フラットフロアで福祉車両充実…ストレッチャー乗車も可[写真4]

  • トヨタ シエンタ 福祉車両《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ 福祉車両《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • 製品企画本部の渋谷友次主幹《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ 福祉車両《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ 福祉車両《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ウェルキャブ X“Vパッケージ” 車いす仕様車 (タイプI) “助手席側セカンドシート無”《写真 トヨタ自動車》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》

トヨタ自動車が7月9日に発表した新型『シエンタ』は、乗り込み高さ330mmの低床化とフラットフロアが大きな特徴になっている。この低床&フラットフロアパッケージにより福祉車両のバリエーションも拡充し、ストレッチャー乗車を可能にしたタイプも新たに設定されている。

レスポンス
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ