【キャデラック Vシリーズ 日本発表】いち早く正規輸入車を手にいれる魅力

新車 レスポンス

ゼネラルモーターズ・ジャパンはキャデラック『ATS-V』と『CTS-V』の導入にあたり、カスタムプレオーダーキャンペーンを開始した。期間は7月21日から8月23日までの約1か月間だ。

その特徴は、「いち早く正規品をオーダーができ、輸出向けの全てのオプションが選択可能になっていることだ」と話すのは、同社マーケティング&カスタマーエクスペリエンスプロダクトマネージャーの中野哲氏だ。

選択可能アイテムはボディカラーやインテリアカラーをはじめとした8項目からなり、ATS-Vで960通り、CTS-Vで1296通りの組み合わせから選択が可能だ。更に、スターティング価格もATS-Vで950万円から(通常は990万円から)、CTS-Vは、1290万円から(同じく1330万円から)となる。

同社では昨年、新型『エスカレード』導入に際しても、同様のキャンペーンを実施した。「こちらも約1か月という非常に短期間ではあったが、多くのユーザーから受注があった。個性的で魅力的な商品をいち早くユーザーのもとに届けることが、我々の使命の一つと考えている」と中野氏。

また、「キャデラックのユーザーは新しいものをいち早く欲しいという意識が強いことから、ユーザーに出来るだけ早くアピールをして、いち早く受注するという方向性を取っている」とし、更に、「特に他と違った魅力のあるクルマはその傾向が強いので、こういったキャンペーンを続けている」とその意義を語った。

  • 内田俊一
  • キャデラックATS-V(左)、CTS-V(右)《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V(左)、CTS-V(右)《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CTS-V《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ