VW ゴルフ のEV、米国で新グレード…価格を4500ドル引き下げ

エコカー レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは8月5日、米国向けの『e-ゴルフ』に、価格を抑えた新グレードを設定すると発表した。

フォルクスワーゲンは市販EVとして2014年11月、米国の一部州で『ゴルフ』のEV、『e-ゴルフ』を発売。

e-ゴルフのEVパワートレインは、モーターが最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを発生。二次電池は、蓄電容量24.2kWhのリチウムイオンバッテリー。動力性能は、0-100km/h加速10.4秒。急速チャージャーを使えば、80%のバッテリー容量を30分で充電可能。

今回、フォルクスワーゲンは、米国向けのe-ゴルフに、価格を抑えた新グレードとして、「SE」を設定。従来の「SEL」に対して、EVパワートレインはそのままに、一部装備を省いて価格を引き下げる。

SEのベース価格は、配送費を含めて2万9815ドル(約372万円)。SELに対して、4500ドル(約56万円)安い価格を実現している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ