ヨーロッパ車、美しい高原の牧草地に集う…東北トリコローレ2015開催[写真17]

  • ヨーロッパ車のイベントでは常連で台数も少なくないフィアット『NUOVA 500』。ミラーのモディファイ、ちょっとくたびれた雰囲気が抜群に味わい深い。フロントのエンブレムがこの小さいタイプになるのは500Fや500Lの中でも、1960年代末から1972年までの末期にあたる。人気があるのは「ヒゲ」のエンブレムなので、あえてこのころの年式に乗っている感じがするのもいい。なお、1972年以降は500Rとなる(東北トリコローレ2015)《画 遠藤イヅル》
  • 会場入り口には新旧のアバルトが並ぶ(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • ジュリエッタと希少な146、3台のアルファロメオが並ぶ(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 一見ふつうのフィアット500だが…なんとスバル・サンバーのエンジンにコンバートされた「フィアット500マキナ」。フィリピンで改造されたとのこと。当時約300万で発売された(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • マキナのリアには、たしかにサンバーの4気筒エンジンが…。ミッションもCVTで、エアコンも効く(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 会場には各種ショップも出展し華を添えた(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 主催のROSSO Carsも各種ショップで来場者をお出迎え。同社では、イタリアから直輸入のミニカーも扱っている(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • イタリアのエナジードリンク、「Go&FUN」のブースも。暑い日にはぴったりの出展(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 日本では知られざるイタリアの名門チューナー「ロメオフェラーリズ」が手がけたアバルトも。ボディワークや内装のフィニッシュレベルは相当に高い(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 参加者のメインはフィアット500/アバルト500(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 東北とはいえ夏は暑い。その中を走って来た2台のセブンのオーナーに感服!(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • フランス車ももちろん参加OKだ。2台の青いプジョーが青空に映える(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • ポルシェ930、フィアット2代目パンダ、アルファロメオ156。来場者の車種は実にさまざま(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 新旧フィアット500の組み合わせはたくさん見ることが出来た(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 新旧のアルファロメオが会場を彩る。GTA風のカラーリングをまとった1300GTジュニア、4C、ジュニアザガート(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 参加者のメインはフィアット500/アバルト500(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 美しい高原の牧草地に集うさまざまなヨーロッパ車。ここはまるで海外の一景色のよう(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • 閉会間際、トリコローレ名物の大ビンゴ大会のあと、さらにランブルスコ4本をかけたじゃんけん大会を開催!多いに会場は盛り上がった(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》
  • また来年お会いしましょう!(東北トリコローレ2015)《撮影 遠藤イヅル》

天候に恵まれた8月9日、山形県鶴岡市の月山高原ハーモニーパークで、今年で4回目を迎える「東北トリコローレ2015」が開催された。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ