タクシー運転手がクルマにはねられ死亡、強盗殺人容疑で男を逮捕

社会 レスポンス

5日午後10時15分ごろ、秋田県鹿角市内にある道の駅駐車場で、タクシー運転手の男性が頭から血を流した状態で倒れているのを通行人が発見。警察に通報した。男性は現場で殺害されたとみられ、警察は翌6日に55歳の男を強盗殺人容疑で逮捕している。

秋田県警・鹿角署によると、現場は鹿角市花輪新田町付近にある道の駅の駐車場内。駐車場の利用者が頭部や腹部から血を流した状態で倒れている高齢男性を発見。警察に通報した。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部挫滅が原因でまもなく死亡。後の調べで、同市内のタクシー会社に勤務する66歳の男性と判明している。

駐車場内には男性が運転していたタクシーが止まっており、車内に設置されていた防犯カメラが後部座席から刃物を突きつけて脅す男の姿を撮影していた。警察ではこの映像を元に、同市内に在住する55歳の男を強盗殺人容疑で逮捕した。

男は5日の午後9時すぎに客を装ってタクシーに乗り込み、現場で男性の腹部を刃物で複数回に渡って刺したうえ、路上に倒れこんだ男性を自己所有のクルマではねたものとみられる。聴取に対して男性を刺したことは大筋で認めているものの、強盗については曖昧な供述を繰り返しているようだ。

現場に自身のクルマを用意していたことから、警察では計画的な犯行の疑いもあるとみて、事件発生の経緯を詳しく調べる方針だ。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ