【スーパーフォーミュラ 第5戦】29歳のバースデーレース、可夢偉は今季2度目の表彰台

モータースポーツ レスポンス

13日に決勝レースが行なわれたスーパーフォーミュラ(SF)第5戦、この日が29歳の誕生日だった小林可夢偉は3位に入り、今季2度目の表彰台を獲得した。

決勝日の朝、チームメイトの平川亮やチームスタッフ、レースクイーンたちから誕生日を祝ってもらった可夢偉は、今季最高2番グリッドから午後の決勝レースに臨んだ。そしてスタートではポールの石浦宏明をかわすが、3番グリッド発進だった中嶋一貴に先行され、2番手キープで1コーナーを回るかたちとなる。

今日の可夢偉にとって、スタートでアタマを取れなかったことは痛かった。というのも、可夢偉は朝のフリー走行での感触から「ペース的に(他の上位には)負けている」との冷静な状況判断を下し、「同じ作戦でいっても勝てないので」と、スタート時に燃料を減らして車体を軽くし、スタートダッシュにかける作戦を自らの進言で採っていたからだ。ピットストップでの給油時間が長くなるぶん、スタートの“奪首”が勝利の必須条件。陣営によれば10秒のリードをピットストップまでに築きたかったという。

惜しくも奪首ならなかった時点で勝利は厳しくなっていた上に、レース展開のなかで不運もあった。レース中盤にピットストップを行なった可夢偉は、フライングスタートによってドライブスルーペナルティを受けたA.ロッテラーの後ろに入ることとなり、ここで一貴と石浦との首位攻防からは遅れを取る格好になる。可夢偉の採った作戦はピット時期を選ぶ融通性が低いリスクを伴うため、状況のなかでこれは避け難い事態でもあったのだ。

ただ、それでも3位と結果をまとめてきた。可夢偉本人も、もちろん満足はしていないが「わるくないのかな、とは思います」。第2戦岡山でSF初表彰台の2位を得て以降、第3〜4戦でも常にトップ3を争う位置にいながら、結果をまとめられていなかっただけに、今回3戦ぶり2度目の表彰台を得たことと、勝つための賭けを打つところまでいけたことは自信につながるはずだ。また、僚友の平川亮が4位に続くなど、KYGNUS SUNOCO Team LeMansとして今季ベストの内容の戦いができたことも追い風といえるだろう。

国内トップカテゴリーでは“新人”の可夢偉。次のスポーツランドSUGOも「12年ぶりだと思います」ということで、走行経験値自体が豊富とはいえないコースだ。だが、「前戦のもてぎと今回のオートポリスも似たような条件だったわけで、そこで今回表彰台を獲得できたことはポジティブにとらえていいですし、SUGOではしっかり(ペースのいい)クルマをつくって戦えれば、と思います」。

今季中の初優勝実現に向けて、チャンスは残り2大会3レース(最終戦鈴鹿は2レース制での実施)。期待感が増す、バースデーレースでの表彰台獲得であった。

次戦第6戦は10月17〜18日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

  • 遠藤俊幸
  • オートポリスでの#8 可夢偉は予選2位、決勝3位。写真:TOYOTA(予選日)
  • スタートに向け、可夢偉は作戦面で賭けに出た。撮影:遠藤俊幸
  • 今季2度目の表彰台に立った可夢偉は、優勝の中嶋一貴と握手(左は2位の石浦宏明)。撮影:遠藤俊幸
  • #8 可夢偉は初実戦のオートポリスで決勝3位に。写真:TOYOTA(予選日)
  • 中嶋一貴と健闘を讃え合う可夢偉(背)。撮影:遠藤俊幸
  • 海外でのキャリアが長い可夢偉にとっては、走行経験の少ないコースでの戦いが続く。写真:TOYOTA(予選日)
  • 僚友の平川(左端)らが可夢偉のバースデーを祝ってくれた。撮影:遠藤俊幸
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ