【東京モーターショー15】デンソー、HMI技術による高度運転支援システムを紹介

テクノロジー レスポンス

デンソーは、10月30日から11月8日まで東京ビッグサイトで一般公開される「第44回東京モーターショー」に出展。「地球と生命を守り、次世代に明るい未来を届けたい。」をテーマに、安心・安全および環境分野の製品、技術を幅広く展示する。

メイン展示のハーモニアス・コミュニケーション・コックピットでは、自動車が把握した周辺情報をドライバーに伝えるHMI技術を用いた高度運転支援システムが体験できる。具体的には、フロントガラス上に情報を表示するヘッドアップディスプレイや、車線変更の際にフットレストが進行方向に傾いて知らせるアクティブフットレスト、障害物の接近などをイルミネーションで伝えるハーモニアス・ルミ、後方の障害物を映像で知らせる電子ミラーなどを通じて人とクルマのコミュニケーションを体験できる。

また、このコックピットでは、ドライバーの脇見や眠気などを監視し、ドライバーの状況に応じて警告を行ったり、ドライバーの緊急事態を検知するドライバーステータスモニターも紹介する。

メイン展示以外でも、画像センサー、ミリ波レーダーなどを用いたセンシング技術や自動車とインフラ、自動車同士を通信でつなげる通信技術といった、ITSコネクトなどの高度運転支援システム、先進安全システムに必要不可欠な技術・製品を紹介する。

環境分野では、「エンジンの効率向上」「エアコンの効率向上」「電動化の普及促進」「マイクログリッドでの効率的なエネルギー利用」の4つの観点から、持続可能な社会を目指すデンソーのアプローチを映像で紹介。また、これらの具体例として、ガソリンエンジンの直噴システムやディーゼルエンジンのコモンレールシステム、EV/HEV向けの新製品などを展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • デンソー ブースイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ