ハロウィン に「ホラーカー」、英国に出現…正体はまさかの日本車

モータースポーツ レスポンス

10月31日はハロウィン。英国では、これに合わせて、「ハロウィン・ホラーカー」が登場した。

これは10月29日、ワランティ・ダイレクト(Warranty Direct)社が発表したもの。同社は、英国の自動車保険会社。新車保証の延長サービスも提供しており、自動車メーカーの新車保証が切れた後、一定の料金を支払うことで、最大12年間の保証が受けられる。

そんなワランティ・ダイレクト社が製作したのが、ハロウィン・ホラーカー。同社の顧客から得られた5万件のデータを基に、英国で最も故障の多い車から集めた部品で、1台の車を作り上げたという。

6台の車の寄せ集めパーツで製作されたホラーカー、そのうちの5台は、日本車から外された部品。エンジンは、2007年以降の三菱『アウトランダー』、アクスルとサスペンションは2005年以降のマツダ『プレマシー』、ブレーキは2005年以降のマツダ『ロードスター』のものを使用。

さらに、エアコンは、2007年以降のホンダ『CR-V』、電装品は、2005年以降のレクサス『GS』から、外して装着。7台の中で唯一、日本車以外の1台が、GMのシボレー『タクマ』で、トランスミッションとステアリングシステムを流用。フロントノーズは三菱アウトランダー、リアエンドはマツダ プレマシーとなっているのも見て取れる。

ワランティ・ダイレクト社によると、これらの最も故障が多い車の平均修理費用は、1回あたり487ポンド(約9万円)。同社は、「ハロウィン・ホラーカーのような車を所有しているオーナーは、常に悪夢に悩まされるだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ