【東京モーターショー15】最初の土曜日は8万5000人が来場…狙いはアフター4入場券

新車 レスポンス

世界11ヶ国から合計160社が参加し、国内全ての乗用車・商用車・二輪車メーカー14社15ブランド、海外メーカー16社26ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展している「第44回 東京モーターショー2015」。

2日間の報道関係者招待日(プレスデー)を経て、10月30日から一般公開がスタート。江東区・有明の東京ビッグサイトにて11月8日までおこなわれる。

どのブースも盛況で、前回第43回(2013年)の総入場者数を超えるかどうかが注目だ。幕張メッセから東京ビッグサイトに会場を移してからは、2011年に84万2600人、2013年には6万人ほど入場者数を増やし、90万2800人としている。

例年、入場者数が多い傾向にある最初の土曜日は、今回(10月31日)8万5100人が来場。累計入場者数は14万4600人を数えた。

今後の混雑のピークは祝日となる11月3日、そして最後の土日となる7〜8日だろう。狙いは言うまでもなく平日だが、月曜日から土曜日の午後4時以降に入場可能な『アフター4入場券』も活用したい。

当日入場券一般1600円/高校生500円のところ、アフター4入場券なら一般700円/高校生200円とお得。自動車関連の専門学校/高等専門学校の学生にも高校生料金が適用される。

  • 青木タカオ
  • 17:30〜20:00はプロジェクションマッピングも上映《撮影 安藤貴史》
  • 10月31日までの累計入場者数は14万4600人。《撮影 青木タカオ》
  • バイクブースも盛況。《撮影 青木タカオ》
  • 17:30〜20:00はプロジェクションマッピングも上映《撮影 安藤貴史》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ